病気とは何か?

病気とは何か?

病気とは何か?

 

まず自分という存在をどのように認識していますか?

 

皮膚で境界された肉体(個体)が自己であり、

閉ざされた環境にあると思ってはいないでしょうか?

 

本来、私たちは個体として存在しているわけでなく、

まわりの環境と常につながり合い、

エネルギーのやりとりを行い続けています。

 

常に変化し続けながら、一定のバランスが保たれている状態、

それこそが生命(いのち)です。

静的に安定した状態は生命(いのち)ではない、

動的に安定した状態こそが生命(いのち)なのです。

 

ところが私たちは、健康や病気というものを、

固定された状態として捉えています。

 

普段ない症状が身体に現れると、

それを病気だと認識してしまいます。

 

でも忘れていませんか?

私たちには、自己治癒力と呼ばれる治癒系の力があります。

もし仮にバランスが崩れたとしても、

それを調整し再生する力があります。

 

ではなぜ病気と呼ばれる症状が続いたりするのでしょうか?

 

自己治癒力の低下が原因なのでしょうか?

 

身体の細胞は新陳代謝を繰り返し、新しいものに置き換わっています。

1年もすれば、身体のほとんどの細胞が入れ替わっているはずなのに、

なぜ何年も慢性的な症状が続いたりするのでしょうか?

 

現代の医学では、病気は身体のエラーであると認識し、

それを取り除こうとすることが、基本的な考え方となっています。

 

細菌感染が見つかれば、抗生物質を

癌細胞が見つかれば、抗ガン剤を

血圧が高ければ、降圧剤を

 

では

なぜ細菌が身体で活性化しているのでしょうか?

なぜ癌細胞が増殖しているのでしょうか?

なぜ血圧が高くなっているのでしょうか?

 

その根本原因にはあまり目を向けていません。

 

症状には意味があります。

症状というのは、

生命(いのち)がバランスをとっている自己調整の一部分です。

治癒(調整)過程で生じた一部の断片的症状を

病気の症状と認識しているのです。

 

本来、健康や病気というものは、静的に捉えるのではなく、

一連の流れでの変化の状態でしかありません。

 

私たちは、様々な想念や感情を抱き、

日常的に目に見えないエネルギーを発信し続けています。

肉体だけでなく、意識や感情のエネルギーもすべて含めて、

生命(いのち)はバランスをとり続けています。

 

症状にはメッセージがあります。

その人だけの物語があります。

 

気付いたとき

ゆるんだとき

手放したとき

生命(いのち)の流れが変化していくのではないでしょうか。

 

 

病気とは何か?

生命のつながり

 

前の記事

生命のしくみ

次の記事

生命のつながり