液体ファシア(liquid fascia)の役割と流体力学

液体ファシア(liquid fascia)の役割と流体力学

液体ファシア(liquid fascia)の役割と流体力学

【この記事のまとめ】
ファシア(fascia)の基本的な特徴は、機械的ストレスに適応して、細胞や組織構造を変化させることです。

細胞またはシステムは、外力または内力を感知し、その機械的情報を細胞またはシステムの内側・外側に伝達して、局所および全身の機能を安定に保つことができます。

私たちのホメオスタシス(恒常性維持)には、ファシアは欠かせない存在なのです。

ファシアの定義には、特殊な結合組織と見なされる中胚葉由来の組織、液体ファシア(血液とリンパ液)が含まれます。

固体ファシアが身体系のさまざまな部分を分割、支持、接続するのに対し、液体ファシアは個体ファシアにメッセージを送り伝達します。

流体には、粘度、温度、方向、乱流、速度、リズム、弾力性など多くの特性があり、組織の健康状態または病状を決定してます。

液体ファシアは、細胞および臓器の形状と機能に影響を与え、固体ファシアを機械的に変換して適応させることができます。

 

Meaning of the Solid and Liquid Fascia to Reconsider the Model of Biotensegrity

Cureus. 2018 Jul 5;10(7):e2922. doi: 10.7759/cureus.2922.

The Shape and Function of Solid Fascias Depend on the Presence of Liquid Fascias

Cureus. 2020 Feb 10;12(2):e6939. doi: 10.7759/cureus.6939.

 

ファシア(fascia)とバイオテンセグリティ

液体ファシア(liquid fascia)の役割と流体力学

 

ファシア(fascia)の基本的な特徴は、機械的ストレスに適応して、細胞や組織構造を変化させることです。

通常、私たちが体を動かすことは、ファシア組織の存在と、筋肉のスライド、収縮領域と関節の間の神経・血管のスライド、臓器のスライドなど、それらの不可分の相互接続のおかげで可能となります。

バイオテンセグリティ(ファシア連続体)は、ファシアに包まれて支えられている組織による張力情報の正確な分布を可能にしています。

細胞またはシステムは、外力または内力を感知し、その機械的情報を細胞またはシステムの内側・外側に伝達して、局所および全身の機能を安定に保つことができます。

力のベクトルが通過して細胞が変形すると、形状の変化によって一連の代謝およびホルモンのイベントが活性化され、細胞の脆弱性が低下し、細胞が機能し続けることが可能になります。

私たちのホメオスタシス(恒常性維持)に、ファシアは欠かせない存在なのです。

 

ファシア(fascia)については、関連記事をご参照ください ↓

ファシア(筋膜)のつながり

筋膜性疼痛症候群とファシアリリース

バイオテンセグリティについては、関連記事をご参照ください ↓

「テンセグリティー」ホメオスタシスのかたち

ホメオスタシス(恒常性維持)については、関連記事をご参照ください ↓

【静的な健康】と【動的な健康】

液体ファシア(Liquid fascia)

液体ファシア(liquid fascia)の役割と流体力学

 

ファシア組織を固体ファシアと液体ファシアに細分することができます。

ファシアの定義には、特殊な結合組織と見なされる中胚葉由来の組織、液体ファシア(血液とリンパ液)が含まれます。

血管とリンパ管は固体ファシア構造ですが、その中には液体ファシアがあります。

 

固体ファシアが身体系のさまざまな部分を分割、支持、接続するのに対し、液体ファシアは固体ファシアにメッセージを送り伝達します。

 

血液

血液の粘度は水の粘度の約 4 倍で、比重は 1,041 ~ 1,062 g/cm 3です。人間の体重の約7.7%を占めています。

血漿と呼ばれる液体部分 (男性では55%、女性では60%)と、細胞または細胞断片で構成される粒子部分 (男性では45%、女性では40%)で構成されています 。

血液には、遠心分離によって分離できる 2 つの異なる成分があり、それは血漿と呼ばれる液体の細胞外マトリックスと、細胞または細胞断片である血球です。

血漿は、水 (90%)、有機物質、溶解塩 (10%)で構成される淡黄色の液体です。

 

血液の珍しい特徴は、細胞外マトリックスが液体であるということです。

血液は結合組織であり、細胞外マトリックスの懸濁液中に細胞と細胞断片が存在している状態です。

 

細胞外マトリックスについては、関連記事をご参照ください ↓

細胞外マトリックスとスローエイジング

 

血液は栄養機能に加えて、ホルモンや化学メディエーターと相互に通信できるさまざまな臓器をつないでいます。

免疫細胞と血小板の運搬体であり、炎症領域などそれらの必要な場所 や、凝固系の抗体とタンパク質、および多数の輸送タンパク質 (リポタンパク質、トランスフェリンなど)に到達します。

 

リンパ液

リンパ液は、余分な間質液、溶質、さまざまな細胞を効果的に除去し、それらを血流に導き、血漿と間質液の量を一定のバランスに維持しています。

コラーゲン原線維 (コラーゲン タイプ VII)を介して細胞の外面に付着します。

このコラーゲンは、リンパ管の管腔に向かって機械的な力を伝達することができます。

リンパ管には独自の緊張があり、おそらく固有の収縮の自律性があります。流れの変化に対する感受性 (感覚機能)を持っています。

自律神経 (主に交感神経線維)に囲まれており、リンパ輸送の調整を改善するのに役立ちます。

 

コラーゲン線維については、関連記事をご参照ください ↓

「筋膜リリース」コラーゲン線維の可塑性

 

水が岩を形作るように、体液は体の構造の形と機能を変化させることができます。

体液は、メカノトランスダクションによって生化学的シグナルとホルモンシグナルを伝達しています。

 

メカノトランスダクションについては、関連記事をご参照ください ↓

メカノバイオロジー「重力と張力」

「力学と代謝」細胞外マトリックスとミトコンドリア

流体力学

液体ファシア(liquid fascia)の役割と流体力学

 

人体は約 60% が液体です。この液体成分の 40% は細胞内に保持され、残りの 20% は細胞間の隙間にあります。

体液のごく一部が、血液やリンパ液などの血管によって運ばれます。

 

動脈系は、酸素を含む生化学物質およびホルモン物質をさまざまな組織に輸送します。

動脈毛細血管は透過性があり、静水圧によって、血漿は血管から組織の細胞間隙に向かって出ます。

 

静脈系は組織から老廃物と水分を集めます。

静脈毛細血管は、浸透圧によって、動脈毛細血管から浸出するもののほとんどを集めます。

 

細胞は細胞質でいっぱいであり、それを取り囲む膜は液体に富んでいます。

間質液を含む細胞外マトリックスと、リンパ液と血液を含む血管の存在により、静水圧の変化が見られます。

 

流体力学

流体には、粘度、温度、方向、乱流、速度、リズム、弾力性など多くの特性があり、組織の健康状態または病状を決定してます。

流体には剛性特性もあり、プレストレス(静水圧の変化)と不連続張力(振動リズム)の環境を作り出すことができます。

 

血流とリンパの流れ (量、速度、方向)は、現在の姿勢に応じて変化し、頭と体幹と手足の両方について、身体の機能的必要性をリアルタイムで補います。

液体ファシアは、細胞および臓器の形状と機能に影響を与え、固体ファシアを機械的に変換して適応させることができます。

 

細胞の機械的変形は適応であるだけでなく、コミュニケーションの手段でもあります。

機械的、電気的、化学的情報を広める手段が流体なのです。

 

まとめ

液体ファシア(liquid fascia)の役割と流体力学

 

ファシア(fascia)の基本的な特徴は、機械的ストレスに適応して、細胞や組織構造を変化させることです。

細胞またはシステムは、外力または内力を感知し、その機械的情報を細胞またはシステムの内側・外側に伝達して、局所および全身の機能を安定に保つことができます。

私たちのホメオスタシス(恒常性維持)には、ファシアは欠かせない存在なのです。

 

ファシアの定義には、特殊な結合組織と見なされる中胚葉由来の組織、液体ファシア(血液とリンパ液)が含まれます。

固体ファシアが身体系のさまざまな部分を分割、支持、接続するのに対し、液体ファシアは固体ファシアにメッセージを送り伝達します。

流体には、粘度、温度、方向、乱流、速度、リズム、弾力性など多くの特性があり、組織の健康状態または病状を決定してます。

液体ファシアは、細胞および臓器の形状と機能に影響を与え、固体ファシアを機械的に変換して適応させることができます。

 

液体ファシア(liquid fascia)の役割と流体力学